読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IIJmio の音声通話機能付きSIM(みおふぉん)にMNPした

約15年使ったドコモからみおふぉんにMNPした。いくつかポイントがあるので書いておく。

みおふぉんはドコモの端末をそのまま使えるので選んだ。IIJは昔から信頼してる。

テザリングできない問題

いま使ってる端末は Xperia A (SO-04E) という2年前の機種で、みおふぉんのサイトによるとテザリングができないということだったけど、ちょっとしたハックをすると使えるようになるというのをインターネットで見つけた。「MVNO Xperia テザリング」とかでググると簡単に見つかると思う。方法は adb (Android Debug Bridge) というのを起動してあるコマンドを打つだけという簡単な物だった。adb は Android SDK の platform-tools というパッケージに含まれているらしいので入れた。

  • ここから STAND-ALONE SDK TOOLS をダウンロード
  • ./android-sdk-macosx/toolsに移動して./android sdkを実行する(Javaが必要)
  • Android SDK Manager というのが開くのでplatform-toolsをインストールする
  • そうすると platform-tools というディレクトリに adb が入る

IIJmio のパッケージを買う

いくつか入手先があるようだけどAmazonで80%オフだったので買った(2015年10月末まで)。

SIM のサイズ

いま使っている Xparia A は micro SIM なのだけど、次に新しい端末を買ったら nano SIM になるだろう。みおふぉんでSIMのサイズを変えようとすると切替のタイミングで新しいSIMが届くまで古い方を使用できなくなるようだったのと、そもそも手数料もかかるので nano SIM をアダプタで使用することにした。

ドコモでMNP予約番号をもらう

MNPするにはドコモでMNP予約番号をもらう必要があるのだけど、使っている回線が一括請求先になっていたのでインターネットで手続きできない。会社の近くにドコモショップがあるのでインターネットで来店予約をしてお昼休みに行ってきた。先に待ってるお客さんを差し置いて優先して対応してもらえるので便利。あっさり15分くらいで終わった。ドコモの接客は丁寧ですばらしいし、帰り際に「長い間ドコモをご利用頂きありがとうございました」みたいなことを背中から言われた。

みおふぉんに申し込む

インターネットから申し込んだ。

ドコモのメアド変わるよ

ドコモのメアドを使って連絡を取りそうな人だけにメアドが変わるよという連絡をした。変更後はGmailを使う。ケータイキャリアメール以外からのメールを受信拒否してる人に送れなくなるという問題があるけど放置している。LINEとかあって昔ほどキャリアメールに依存していないので助かる。

みおふぉん開通手続きをする

SIMカードが郵送されてきたら電話で開通手続きをする。9:00〜19:00の間じゃないとできないらしいので注意が必要。電話して2時間後くらいに確認したら電波がなくなってたので新しいSIMに差し替えてAPN設定(アクセスポイントの設定。spモードに接続するようになってるのでIIjmioに接続するように設定する)をしたらあっさり使えるようになった。とりあえずクーポンアプリとみおふぉんダイアルアプリを入れておいた。で、最後にテザリングできるようにするためにMacにUSB接続して adb shellでコマンド打ったらほんとにテザリングできるようになった。

まだ自宅でしか使ってないので通信の品質はわからない。

まとめ

ケータイ料金が高いのでどうにかならないかと思ってたどり着いた結論がこれだった。ドコモ、ソフトバンクauで2年ごとにMNPするという作戦もあるけど、それを実行できるのが2年に1ヶ月しかないし、そのときにちょうど欲しい端末が安く手に入る(またはポイントがたくさん付く)とは限らないので却下。そもそも2年ごとに端末変えるという考え方が昔からの「ケータイ」文化なのでは?と思って、そろそろMacとかPCと同じような扱いにしてもいいんでは?と思った。つまり端末を買うという行為と、それをインターネットにつなぐというのは分けて考えたらいいんでは?と思ったのだった。