読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golang の Writing Web Applications をやった

なぜ

これまで wc や ab を実装してみて、コマンドライン上で実行するプログラムの雰囲気はわかってきた。Webアプリケーションを書く時はどんな感じか知りたい。

内容

Writing Web Applications は主に net/http, html/template パッケージを使って簡単な Wiki を作ってみるという内容。全然難しいところはなく、スイスイできる。

良いところ

最後に Other tasks というのがあって、これが一番良かった。大した内容じゃないけど練習問題みたいなもので、テンプレートファイルとデータファイルの出力先を変えるとか、リダイレクトするとか、[PageName]みたいに書いたときリンクにするというやつ。大したことなくても何か考えてプログラムを書いて動くというのは原点回帰する感じがあって楽しい。

Heroku

どこかにデプロイしたかったので、Google App Engine か Heroku か考えて Heroku にした。簡単そうだったので。以下のドキュメントを見ながらやった。

成果物

https://github.com/takatoshiono/gowiki-tutorial

まとめ

こういう簡単なチュートリアルを真面目にちゃんとやる、というの割と好きです。